Top > 関節痛の痛みを抑えるのに鎮痛薬が処方されることがあります

関節痛の痛みを抑えるのに鎮痛薬が処方されることがあります

関節痛とは、膝や肘などの関節に痛みが生じること、あるいはその痛みのことを言います。激しい運動などにより生じる場合もあれば、加齢によっても関節痛が起こる事があります。激しい運動などによる関節痛では、軟骨が傷ついたり、強い力を継続的に受けることによって変形し、痛むことがあるようです。加齢による関節痛の場合、関節の内部で潤滑油の働きをしているコラーゲンなどの産生が減少したり、長年使用しているため軟骨がすり減るなどといったことが原因であることが多く見られます。痛みを抑えるためには鎮痛薬などが処方されます。コラーゲンを注射して関節の動きを滑らかにすることによって痛みを抑える治療法などもあります。コラーゲンはもともと体内で作られるものなので副作用の心配はほとんどありません。しかし、体内で吸収されてしまうので一回の注射の効果は期間が限定されます。予防として関節によいとされるコラーゲンやその他健康食品を摂取する人もいます。また、筋肉の動きを補うためのサポーターなども市販されています。
さらにこちら(⇒http://www.lenoreskomal.netで書かれています。

関連エントリー